スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成29年度名古屋市「親子支援」プログラムを開催します 

名古屋市では、
DV(配偶者やパートナーからの暴力のこと)の
被害を受けた女性と
その子どもたちが
親子で参加するプログラムを
開催します。

「親子支援」プログラムでは

*DV被害を受けた女性と、その子どもたちの「出会いの場」

*DVについて、さまざまな情報を「提供する場」

*母と子の、新しいつながりを「応援する場」

を提供しています。

親子支援プログラムイラスト双葉ライン


小1~小3(6歳~9歳程度)の子どもと母には
ホッとサポート
illust1685jpg.jpg
①12/2 ②12/16 ③2018年1/20 ④2/3 ⑤2/17  すべて13:30~15:30

プログラムの目的や内容、参加の効果などについて説明し、
子どもと母親のプログラムの一部を紹介する
プレプログラム
11/4(土)13:30~15:30

親子支援プログラムイラスト双葉ライン


小4~中1(9歳~13歳程度)の子どもと母には
ポレポレサロン
2016poreporePC.gif
①9/9 ②9/30 ③10/14 ④10/28 ⑤11/18  すべて13:30~16:00

プログラムの目的や内容、参加の効果などについて説明し、
子どもと母親のプログラムの一部を紹介する
プレプログラム
8/26(土)13:30~16:00

親子支援プログラムイラスト双葉ライン


<プログラムの内容>
親プログラム

illust3676jpg.jpg

毎回テーマに沿って、メンバー同士で語り合います。
お茶とお菓子でのくつろぎタイム、
スクラップブッキング・リラクゼーションなど
私を大切にするリラックスタイムもあります。

<語り合いのテーマ>
*私が経験したこと
*母-子どもに起こったこと
*DVから離れた後の親子間の関係性
*子どもとの関わり
*これからの私たち

親子支援プログラムイラスト双葉ライン

子どもプログラム

illust1840jpg.jpg

1人ひとりの体験に少しずつ向き合いながら、子どもらしい時間を持ちます。
毎回楽しいプログラムが用意されています。
プログラムリーダーが見守り、一緒に遊びます。
おやつタイムもお楽しみ!

*みんなと知り合う
*キモチ・感じる
*イライラとつきあう
*ぼうりょく?
*アタマの中を伝える
*自分はだいじ

親子支援プログラムイラスト双葉ライン


親子プログラム

illust1657jpg.jpg

親子一緒の場で、つくったり、遊んだり、楽しみます

親子支援プログラムイラスト双葉ライン

この講座は連続講座です。
連続してご参加ください。

場所は非公開ですのでお問合せ下さい。

【参加費】無料
【参加できる方】
 DV被害を受けて、現在パートナーと離れて暮らしている女性と
 子ども
【主催】名古屋市
【申込み・問合せ】
  ウィメンズカウンセリング名古屋YWCA
  TEL 052-971-5110(直通)
  TEL 052-961-7707(代表)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。