FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本フェミニストカウンセリング学会が名古屋で公開講座を開催します! 

*日本フェミニストカウンセリング学会よりお知らせです*

公開講座ご案内
FC学会公開講座チラシ表
(クリックすると拡大します)

今、フェミな女がカッコイイ
Womens Rights are Human Rights~

1960年代フェミニズムは
「女性の困難は、“この社会で女であること”に由来している」と主張。
そのメッセージは女性を解放し、女性たちは自分自身の人生を歩き始めた。
その変化は社会を変え、50年前の当たり前は当たり前でなくなっている。
DV然り、セクハラ然り、である。
フェミニストカウンセリングも女性の人権のため、社会変革のために奮闘してきた。

しかしDVが根絶されず、セクハラもなくなっていない。
家族やコミュニティの変容につけこんだ犯罪や性産業が複雑な様相を帯びつつ拡がっている。
ネット空間にはかつてなら公にされなかったような女ヘイトの言葉が飛び交っている。

その中で女性たちは従来からの生き難さに加えて新しい困難に直面している。
古い抑圧を軽やかに乗り越えているように見える若い女性たちもまた、
女であること、娘であること、妻であること、母であることに由来する困難を抱えている。

だが、今は「フェミニズム新時代」。
4,50年前の当たり前が当たり前でなくなった地点に私たちはいる。

“Personal is Political” をスローガンとしてきたフェミニズムは、
“Womens Rights are Human Rights” を新たなスローガンとして
前進している。

フェミニストカウンセリングも、より幅広い人々とのつながりを求め、
隣にいる女性、後に続く女性たちに “We should ALL be FEMINIST”と
声をかけ続けていきたい。

フェミニストとして発信を続けている北原みのりさんをお迎えして、
「フェミニズム新時代」のフェミニズム、フェミニストカウンセリングについて考えます。

お問合せ・お申込みは
http://nfc505.com/kouza1/2017/2017openlecture.pdf 
へアクセスしてください。

スポンサーサイト

18周年記念講演会「女性であること 発達障害であること その生きづらさと自分助け」 

ウィメンズカウンセリング名古屋YWCAは
今年で18周年を迎えました。

今年度の周年記念講演会は
女性であること 発達障害であること
その生きづらさと自分助け
~『私』を研究することでみえてきたこと~

18周年チラシ

(チラシをクリックすると拡大します)
を開催します。

講師の綾屋紗月さんは、発達障害の当事者でもあり、
幼少時から人とつながれない、生きづらいという思いを抱えて生きていらっしゃいました。

現在は、発達障害の当事者が集まって仲間とともに自らのメカニズムを探っていく
「当事者研究」もされています。
大学では当事者にとっての社会的障壁の詳細を明らかにするために、
当事者研究から導かれた仮説の検証を進め、発達障害や定型社会の
コミュニケーションなどについて研究されています。

日 時:2017年1119日(日)13:30~16:00
会 場:名古屋YWCA
参加費:2,000
*定員に限りがあります。お申込みはお早めにどうぞ

お問合せ・申込みは
問い合せフォーム
まで、どうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。