トピックス! 家族の中の暴力  「子育て」の憂うつ~「母」への重圧 

2015年度10・11月号の名古屋YWCA機関誌より

「家族の中の暴力」
「子育て」の憂うつ~「母」への重圧


私たち女性が「母」である時、
社会からはいつも「良い母」を求められます。

「良い母」はどのようにして証明されるのでしょうか?
多くは「子どもが良い子」「子どもに対する献身的な育て方」で
あることで評価されます。

例えば、電車の中で子どもがぐずったり、泣き出したりしただけで
「しつけがなっていない」とバッシングされたりします。
子ども連れの「母」がスマホを見入っているだけで、
「子どももみないで自分勝手」と非難されます。

 こんな社会からの重圧を受けながらの子育てでは、
窮屈になってくるのも当然。
子どもは一人の人間であり、
親の思い通りになることの方が少ないもの。
でも「良い子に育てる良い母」にならなければと一生懸命になるあまり、
子どもを支配せざるを得なくなり、
子どもへの態度もきつくなったり、叩いてしまったり…。
その後に「悪い母」だと後悔するものの、
子どもへのイライラはつのるばかり…。

自分は虐待しているのではないかと、
誰にも言えずに悩んでいる母は少なくありません。

もう一人の「親」である「父=夫」の存在は希薄で、
相談しても「まかせてあるから」と頼りになりません。

「子育て」にまじめに取り組めば取り組むほど
出口のない渦の中にまきこまれ、悪循環にとらわれていきます。

 「母」に対して、もっと尊重し、温かく応援できる社会になればと願っています。

スポンサーサイト