スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分自身を大切にする心を育てる「自己尊重ワークショップ」 

夏休みも終わり、再び家事や仕事、学校などの
日常生活に戻ったこの頃…

ついつい、人のことや周りのことばかり考えて
自分自身のことがお留守になっていませんか?

「人と対等に、誠実に、また自分自身に正直に、自信を持って生きていく」

自己尊重イラスト


こんな生き方ができたら、良いですね。
そんな生き方のヒントが詰まっている、
自己尊重ワークショップ

今回は3日間の集中講座を行ないます。

平日の昼間に参加することが難しい方
毎週毎週参加することが大変な方
遠方の方にも
参加しやすいスタイルとなっています。

秋の気配がただよう9月の連休、
「自分を大切にするために」
自分磨きに時間を使ってみませんか。

日時:2011年9月17日(土)13:00~20:30
          18日(日)10:30~18:00
          19日(祝)10:30~16:00


定員:10名程度

参加費:18,900円

締切:9月9日(金) *残席があれば受け付けます

ただいま、参加大募集中です
お申し込みはお早めに!

詳しくは、
http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/prog2011/wcnyset.html
をどうぞ。

スポンサーサイト

子ども時代の心の傷や痛みに気づき、本当の自分を取り戻すために 

夫婦間の暴力=ドメスティックバイオレンスは、犯罪であると言われ、
被害者支援や防止のため、さまざまな活動が行なわれています。

最近では、サスペンスドラマなどでも、「ドメスティックバイオレンス」という
セリフが言われるようになりました。

このドメスティックバイオレンスで、
忘れられがちな「被害者」が、子どもたちです。

直接暴力を受けていなくても、暴力のある家庭で育つことは、
子どもにとって様々な心理的影響を及ぼします。

子どもの頃から抱えている心の傷や痛みは、
成長して大人になっても、なかなか癒えることがなく、
「なんか生き辛い」
「自分を好きになれない」
などの悩みを抱えることもしばしばあります。

また、
「人との付き合いが苦手」
「対人関係がうまくいかない」
など、実際の生活に支障をきたすことも出てきたりします。

8月20日(土)から連続5回にわたって行なう
「DV家庭で育った女性のための回復ワークショップ」
では、
「私」を取り巻く「家庭」で何が起こっていたのか、
心の傷や痛みを持っている「私」がどのように、
自分を取り戻し、大切に生きていくか
について、
同じ悩みを持った女性たちとともに、
考えていく講座です。

①8月20日(土) 今の私を知る
②8月27日(土) 家庭に何が起こっていたか
③9月 3日(土) 私と向き合う
④9月10日(土) 私の対人関係を考える
⑤9月17日(土) 私を癒す
時間帯は、いずれも10:30~12:30

対象:成人女性
定員:10名程度
参加費:9,450円
締切:8月16日(火) *残席があれば受け付けます


ぜひ、この機会に、
ご参加ください。

詳しくは、
http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/prog2011/wcnychilddv.html
をご覧ください。

あなたは1人ではありません。
私たちと一緒に、
「私」を大切にする生き方を考えていきましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。