FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DV被害親子回復支援プログラムのためのファシリテーター養成講座 

DV被害親子
回復支援プログラムのための
ファシリテーター養成講座
開催します!

018641blg用

DV被害は母と子、母子関係に
大きな心理的ダメージを及ぼします。
それは、暴力から離れた後も
子どもが心理的に不安定になったり、
母親の孤立や生きづらさが続いたり、
親子関係に困難を抱える場合も多くみられます。

回復支援プログラムは
母と子どものそれぞれの
心の傷の回復と
親子の安定した信頼関係の
再構築を果たしていくことを
めざしています。

この養成講座では、
親と子それぞれの視点から
テーマとプログラム運営の
ポイントについて学びます。
講座の後半では
実際にプログラムを作る実習も行ないます。


<講座の内容>
*回復支援プログラムに必要な理論
 ・DV被害が母親・子ども・親子関係に及ぼす心理的影響
 ・親と子の自尊感や親子関係の回復などDV被害からの回復に向けて

*回復支援プログラム体験

*プログラム作りとファシリテーションスキル

など

<日時>
全6回
①6/2(土)
②6/16(土)
③7/7(土)
④7/21(土)
⑤8/4(土)
⑥8/18(土)
いずれも13:30~17:00

<会場>名古屋YWCA

<定員>20名程度

<参加費>48,000円(税込)
       25歳以下 24,000円(税込)

ただ今、参加者募集中!
お問合せ・お申込みは、
http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/contact.html
までどうぞ。

スポンサーサイト

学習会 「こじれた母と娘の関係を考える」 

母と娘の関係は、
近いがゆえに
さまざまな葛藤を
引き起こします。

なぜ
うまくいかないのか、
どうして
こじれてしまうのか、

娘の立場からと
母の立場からでは、
悩みも
解決策も
違ってきます。

この学習会では、
こじれた母と娘の関係を、
それぞれの立場から
丁寧に
ひもときます。

講義形式で行ないますので、
お気軽にご参加ください。

<娘のキモチで考える>
2018母娘学習会brg娘イラスト

4/14(土)10:30~12:30
テーマ:「母が重たい」

5/12(土)10:30~12:30
テーマ:「母に認めてほしい」


<母のキモチで考える>
2018母娘学習会brg母イラスト

6/9(土)10:30~12:30
テーマ:「娘に責められて」

7/7(土)10:30~12:30
テーマ:「娘のことが心配で」

参加費は各回とも¥1,500

自分の辛さ・苦しさ・悩ましさに向き合い、
どうしたら解放できるのか
考えていきましょう。

お申込み・お問い合わせは
http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/contact.html
までどうぞ。

フェミニストカウンセラー養成講座の参加者を募集中です 

フェミニストカウンセラー養成講座の参加者を募集中です。

フェミニストカウンセリングは、女性の心理的問題の現状と、
社会背景を考え、問題の解決や回復をサポートします。
従来の伝統的なカウンセリング理論にとらわれず、
フェミニズムの視点・女性の立場にたったカウンセリングです。
講義だけではなく、グループワークや話し合いなどの実習を
含む内容を丁寧に学んでいきます。


<全17回> 各回土曜 13:30~17:00
*フェミニストカウンセリングの基礎理論
 フェミニズム概論・ジェンダー・女性心理のメカニズム・女性のライフサイクル
 など、フェミニストカウンセリングを理解するうえで必要な理論を学びます。

①6/17 ②7/1 ③7/15 ④7/29 ⑤⑥8/19・20(合宿) ⑦9/2 ⑧9/16

*フェミニストカウンセリングの技法と実習
 カウンセリングの基本技法やグループアプローチなどについて
  実習を交えながら学びます。

⑨10/7 ⑩10/21 ⑪11/11

*フェミニストカウンセリングの臨床
 母-娘関係・子育て・DV・性暴力・トラウマ・・・フェミニストカウンセリング
 の臨床現場で多くみられるテーマについて理解を深めます。

⑫11/25 ⑬12/9 ⑭2018/1/27 ⑮2018/2/10 ⑯2018/2/24 ⑰2018/3/24

====================

参加費:108,000円+合宿費 *分割支払いについてご相談ください
定員:15名程度(応募者多数の場合選考あり)
申込み:「氏名」「年齢」「〒」「住所」「連絡先電話番号」
「メールアドレス」「活動歴」「応募の動機(200字程度)」を明記の上、
6/9までに送付してください。

※日程・内容は変更する場合もあります

<お申込み・問合せ先>
ウィメンズカウンセリング名古屋YWCA
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3
TEL (052)961-7707 (名古屋YWCA代表)
FAX (052)961-7719
メール wcny@nagoya-ywca.or.jp
HP  http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/

プレ学習会「女性の生き辛さを考える~フェミニストカウンセリングのアプローチ~」開催します 

夫婦関係、DV、仕事の悩み
自分の親とのこと、子どものこと
介護について・・・

女性の悩みは多様で、問題を解決するためには、
地域やさまざまな機関で相談・支援が必要となってきます。
自分自身を犠牲にすることなく、「私らしく」生きていくために、
ジェンダーの視点でよみとく「フェミニストカウンセリング
のアプローチは欠かせません。

長年にわたって、女性へのカウンセリングを通して、
悩みに寄り添い、自立を支えてきた加藤伊都子さんをお迎えして、
具体的なアプローチについて学びます。

テーマ「女性の生き辛さを考える~フェミニストカウンセリングのアプローチ」

日時:6月4日(日)13時半から16時
場所:名古屋YWCA
参加費:2100円
対象:どなたでもご参加できます
講師:加藤伊都子さん   
   フェミニストカウンセリング堺所属「フェミニストカウンセリング堺」及び
   自治体の相談室でフェミニストカウンセリングを行なうほか、女性のた
   めの自己主張・自己尊重トレーニングのグループトレーナー、
   サポートグループ・CRなど女性のための語り合いグループのファシリテーター
   活動を行なう。
   主な著書:『私は私。母は母。』すばる舎   『母娘かんけい~二年間の語り合いを終えて』

 ウィメンズカウンセリング名古屋YWCA
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3
TEL (052)961-7707 (名古屋YWCA代表)
FAX (052)961-7719
メール wcny@nagoya-ywca.or.jp

ドメスティック・バイオレンスを知る講座、始まります 

夫・恋人からの暴力
「ドメスティック・バイオレンス」=DV

今では、多くの人に知られるようになり、
夫婦で、少しもめごとが起こると、
「それって、DV!」と指摘し合うというように
日常的に使われるようになりました。

一方で、
このことを誰にも言えず、
悩んでいたり、
暴力に耐えていたり
する女性は、
まだまだたくさんいます。

DVについて、理解を深め、
DVを社会から根絶するために
どうしたらいいのか、
一緒に考えていきましょう。

この講座は、講義形式で行ないます。

女性ならどなたでも参加できます。

ひまわりイラスト

5/24(水) 「DVが女性に与える影響」

7/26(水) 「子どもがDV家庭で育つということ」

9/20(水) 「DVから逃れるために」

11/22(水) 「DV被害からの回復にむけて」 

各回とも、10:30~12:00 の開催です。
参加費:各回¥500 (要予約)

ただ今、参加者大募集中!
詳しくは、
http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/lecture03.html
をどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。