17周年記念講演会を開催しました。 

1/22(日)、17周年記念講演会を開催いたしました。

今回のテーマは、「性暴力神話のからくり」について。
「公権力における性暴力理解」 牧野雅子さん
「加害者は性暴力をどうとらえているか」 白石恵美子さん 
以上、お2人の講師をお招きし、お話を伺いました。

2016 17周年記念講演会

警察の役割とは、犯罪者の動機で性欲という言葉の扱われ方や問題点にふれ、
痴漢撲滅ポスターの読み解きは、わかりやすい説明で会場に笑いがこぼれると共に、
ポスターから被害者に厳しく、加害者にゆるい社会がみえてきました。

性暴力は、加害者の問題であるのに
加害者が自制すべきでなく、被害者に予防を促す内容でした。

これからの社会の認識を変えて行くためには
権力やメディアに疑問を持って敏感になること。神話に加担しない。
また、セクハラ加害者は、被害者がNOと言わないならOK?だと思っている。
負い目を手玉に突いてくる加害者には、ソフトでなくハードで対応する。など。
私たちにとって大切なメッセージやポイントをお話下さいました。

私たちの新たな視点を獲得する良い機会になったと思います。

講師の方々、来場してくださった皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト

17周年記念講演会「性暴力神話のからくり」を開催します。 

 1月22日に17周年記念講演会として
 「性暴力神話のからくり~加害者の語りから見えてくる社会~」
 を開催します。
 みなさまのご参加を、心よりお待ちいたしております。
 また、興味のありそうな方にお知らせしていただけると幸いです。
 よろしくお願いします。
17周年チラシ

(拡大するにはチラシをクリックしてください)


☆  【講演会】ウィメンズカウンセリング名古屋17周年記念講演会
☆  
☆        性暴力神話のからくり
☆     ~加害者の語りから見えてくる社会~
☆          
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
 性暴力は被害者の問題なの?性欲が抑えられないから?“魔がさした”から?
 性暴力神話を社会がいかに支えているか、いかに私たちの日常を脅かしているか、
 加害者のインタビューから見えてきた、社会にまかり通っている性暴力神話の
 からくり考えます。
  
《講師プロフィール》
  牧野雅子さん
  京都大学 文学研究科 アジア親密圏/公共圏教育研究センター教務補佐員
  京都大学博士(人間・環境学)
  社会学・ジェンダー研究
  著者・論文に「『刑事司法とジェンダー』(インパクト出版会)
  「『性暴力加害者の語り』と安倍談話」『世界』2015年10月号
  「痴漢撲滅系ポスター」調査プロジェクト管理人
  LOVE PIECE CLUB ウェブサイトで「今月のマモルくん」を連載中  
  ……………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………
  
  日時2017年1月22日 (日)
     午後1時半~4時
  講師:牧野雅子さん
  対象:女性の方に限ります
  参加費:1500円 !チケット発売中!
  託児:ご相談ください (有料)
  場所:名古屋YWCA  地下鉄東山線「栄」5番出口 徒歩2分
                 愛知芸術文化センター向かい

 *今後名古屋YWCAからのお知らせのメールが不要の方はご連絡ください。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 会場&お問い合わせ&申込み はこちらへ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ウィメンズカウンセリング名古屋YWCA(公益財団法人 名古屋YWCA)  

 Tel 052-971-5110 (平日10時~17時)
052-961-7707(YWCA代表: 上記時間以外/土曜日)
 Fax 052-961-7719 
 〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3
 wcny@nagoya-ywca.or.jp

 地図 http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/access.html

批判に対処するコツ 

人から「批判される」・・・

できれば、起こって欲しくないもの。
批判されないように
気をつかったり、努力したり、
失敗しないようにしたり・・・

でも、思わぬところで
「批判」されることも出てきます。

また、どんな「批判」をされたかによっても
感じ方はずいぶんと変わってくるものですね。

自分でも「だめだな」と
わかっていることについて
あえて他者から言われたり・・・

「そりゃそうだけど…」と
相手の批判に納得するものの
なんかスッキリできなかったり・・・

こちらの言い分も一切取り合わないで
一方的に批判され、
「それはないんじゃない?」と
腹が立ったり・・・

いずれにしても
モヤモヤ感が残ります。

批判blg


批判された時
どのように対処すれば良いのでしょうか?

批判されても
パニックにならず、相手と向き合うことが
できるように考えていきます。

批判に対処するコツ

日時:10/22(土)13:30~17:30
    10/23(日)10:00~15:00
    の2日間
定員:10名程度
参加費:¥9,720
締切:10/14(金) *残席があれば受付します

ただいま、参加者募集中!

お申込み・お問合せは
http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/contact.html
からどうぞ。





平成28年度名古屋市「親子支援」プログラムを開催します 

名古屋市では、
DV(配偶者やパートナーからの暴力のこと)の
被害を受けた女性と
その子どもたちが
親子で参加するプログラムを
開催します。

「親子支援」プログラムでは

*DV被害を受けた女性と、その子どもたちの「出会いの場」

*DVについて、さまざまな情報を「提供する場」

*母と子の、新しいつながりを「応援する場」

を提供しています。

ポレポレサロンでは、
小学4年生~中学1年生(9~13歳)のお子さんと母親が対象になります。

2016pore.gif


このポレポレサロン
内容をくわしくご紹介するために、
プレプログラム
9/24(土)13:30~開催します。
親子でご参加ください。

2016poreline.gif


<ポレポレサロンプログラムの内容>
親ポレポレ


2016poreporeP.gif

毎回テーマに沿って、メンバー同士で語り合います。
お茶とお菓子でのくつろぎタイム、
スクラップブッキング・リラクゼーションなど
私を大切にするリラックスタイムもあります。

第1回 10/29(土) 私が経験したこと
第2回 11/12(土) 母-子どもに起こったこと
第3回 12/3(土) DVから離れた後の親子間の関係性
第4回 12/17(土) 子どもとの関わり1
第5回 2017年1/7(土) 子どもとの関わり2
第6回 2017年1/21(土) これからの私たち
時間帯はすべて13:30~16:00です。


2016poreline.gif

子どもポレポレ

2016poreporeC.gif

1人ひとりの体験に少しずつ向き合いながら、子どもらしい時間を持ちます。
毎回楽しいプログラムが用意されています。
プログラムリーダーが見守り、一緒に遊びます。
おやつタイムもお楽しみ!

親ポレポレと同じ日程・時間帯です。
全回の参加を前提にお申込み下さい。

第1回 みんなと知り合う
第2回 キモチ・感じる
第3回 イライラとつきあう
第4回 ぼうりょく?
第5回 アタマの中を伝える
第6回 自分はだいじ

2016poreline.gif

親子ポレポレ

2016poreporePC.gif

親子一緒の場で、つくったり、遊んだり、楽しみます

2017年2/18(土)

2016poreline.gif

この講座は連続講座です。
連続してご参加ください。

場所は非公開ですのでお問合せ下さい。

【参加費】無料
【参加できる方】
 DV被害を受けて、現在パートナーと離れて暮らしている女性と
 子ども(小学校4年~中学1年生)。
【主催】名古屋市
【申込み・問合せ】
  ウィメンズカウンセリング名古屋YWCA
  TEL 052-971-5110(直通)
  TEL 052-961-7707(代表)

私の怒りとつきあうコツ 

「怒りってこわいもの?」

「怒る私はダメ?」

・・・

怒りblg


「怒り」に対して
ネガティブなイメージをもっていませんか。


怒りは自分を知る大切な感情です。

「怒り」を表現することは、
自分らしさの再発見にもつながります。

この講座では
誰にでもありそうな
怒りの場面を通して、
怒りの「元」を見つけることで、
どう伝え
どうつきあうか
練習します。

私の怒りとつきあうコツ

日時: 7/9(土) 13:30~17:30
    7/10(日) 10:00~15:00
の2日間
定員:10名程度
参加費:¥9,720
締切:7/1(金) (残席があれば受付します)

ただいま、参加者募集中!

お申込み・お問い合わせは
http://www.nagoya-ywca.or.jp/wcny/wncytoiawase.html
からどうぞ。